セミナー受講者の声

日本にはない、「海外の問診」・・・

「日本にはない『海外の問診』だと思いました。」(2015年 セミナー参加者)

考えるきっかけに・・・

「今のリハビリ業界では、手技や結果が出るセミナーが多くなってきたので、今回のような考える機会を増やそうと思いました。」(2015年 セミナー参加者)

学校で学びたかった・・・

「自分の行っている”評価”という行為が、まだまだ足りないと再認識しました。学校でこういった”考え方”を教えてもらえればよかったと思います。今回、セミナーで学べて良かったです。」(2015年 セミナー参加者)

若いセラピストにも知ってほしい・・・

「自分の中にある程度きまった問診方法がありましたが、『レッドフラッグ』や『心理社会的要因』の項目はなかったので、日頃の治療を見直すいい機会になりました。」(2015年 セミナー参加者)

お申し込みフォーム

セミナー内容

腰痛に対して「結果」を出すためには、腰痛に隠れる重篤疾患(リスク)を排除し、シンプルで 確実な問診による鑑別能力をつけることが第一です! セミナーでよくある治療テクニックや機能解剖、エビデンス、 …だけを教わることは残念ながら、いつでも結果をだす方法ではありません。

結果を出すには?

多岐に渡る腰痛疾患の分類・鑑別が出来なければ、現場で結果を常にだせません。シンプルで確実に腰痛疾患を分類することができる、「EU腰痛ガイドライン」。腰痛は「不治の 病」から「治る」時代に変わり、エビデンスベースで確立された体系的な理論/ガイドラインに なっています。

セミナーについて・・・

開催地 長野、愛知、静岡※詳細な日程はページ下に記載しています。
費用 7,000円
定員 30名
対象 各種国家医療有資格者、フリーランス(学生・トレーナー含む)
講師 日本オランダ徒手療法協会認定インストラクター(※今回のセミナーでは、講師に土屋 潤二は含まれていません。)
施術を見学したい方はこちら ☆施術見学つき☆EU腰痛ガイドラインに基づく治療戦略セミナー

お申し込みフォーム

あなたが「EU腰痛ガイドラインに基づく治療戦略セミナー」を受講すると・・・

今まで分からなかった腰痛が・・・
分類
組織鑑別
治癒期間を様々な視点(テクニック・理論・エビデンス)から推測
することが、できるようになります!

お申し込みフォーム

なぜEU腰痛ガイドラインが必要なのか?

1%の「重篤疾患」を確実に排除する問診テクニックは、治療家の必要条件!

腰痛症状だと思われていても、実はそうではない大動脈剥離、大腸がん、圧迫骨折などの『レッ ドフラッグ』は、しっかりと見極め、専門医への受診を促す必要があります。特に開業している 治療家には、リスクを排除する能力は最低限必要になってきます。2~3分で済む項目なのです が、知っている・知っていないでは大きな違いです

曖昧な捉え方では、腰痛は治せない!

上記のレッドフラッグを含め、非特異的腰痛、神経根症状といくつかの分類があります。また、 それぞれの分類や原因組織毎に対象療法は変わります。曖昧な捉え方で全ての腰痛に対して、同じ 治療法しか提供できない場合は残念ながら腰痛治療において安定した「結果」を出すことは出来 ません。

『こころ』を無視していいのか…?

近年、腰痛だけに限らず、筋骨格系の治療において「認知」・「こころ」の問題が注目されていま す。どんな組織でも生理学的には炎症期間・治癒期間は決まっています。そんななか、なぜ「腰痛」 は組織の損傷がないのにも関わらず、様々な複雑なパターンの治癒過程を呈するのでしょうか? 腰痛治療において「結果」を出すためには、しっかりと「こころ」についても問診で判断ができ るようにならなければなりません。

お申し込みフォーム

なぜEU腰痛ガイドラインの理論をベースとするのか?

各国で様々なガイドラインを出しているなか、なぜEU腰痛ガイドラインの考え方をベースとする のでしょうか?1つは、科学的な根拠をベースに作られており、バランスが良い点です。

ガイドラインを作成する際、様々な団体や会社からのバイアスがかかってきてしまいます。そのなかで、最もバイアスが少なく、広く(認知・心理社会面)、体系的にまとめられているのがEU腰痛ガイド ラインなのです。

プログラム

EU腰痛ガイドラインを用いた腰痛の分類・鑑別のポイント
ケーススタディ
腰痛に関するエビデンスの紹介
腰椎・骨盤帯の機能解剖・理論
マニピュレーションテクニック
コアトレーニングの紹介

お申し込みフォーム

土屋潤二 プロフィール


オランダで4年かけて理学療法士の資格を取得し、さらに卒業後コース(大学院)としての4年間 のマニュアルセラピーコースを修了(計8年)し、日本人初の国家医療資格であるマニュアルセラ ピー(徒手療法)の資格を取得し、サッカーの小野伸二が所属したサッカークラブの名門「フェ イエノールト」で多くの選手のコンディションをサポートする。

帰国後は、オランダ徒手療法に日本の伝統技術を融和させた「独自の施術方法」で、なでしこジャ パンの安藤梢選手、鮫島彩選手を始めトップアスリートからの信頼も厚い。

2012年には、施術からリハビリテーション、トレーニングまで高度に対応でき、世界で通用する 技術が身につく“日本初の上級技術スクール”として、「DMTマニュプレーション・スクール(一 般社団法人 日本オランダ徒手療法協会)」を設立。

スクールでは、職域や流派を超えて、ある一つのスタイルにとらわれない自由な発想をすることで、 治すことも、鍛えることもできる、10年後、20年後先を見据えた “プロフェッショナルな臨床ジェ ネラリスト” の育成を行っている。

セミナー詳細日程

開催地 日程 時間 セミナー会場
長野県 (松本市) 9月11日(日) 13時~16時30分 (受付12時30分~) JA松本市貸し会議室
愛知県 (名古屋市) 9月18日(日) 13時~17時 (受付12時30分~) 名古屋医専
静岡県 (浜松市) 9月25日(日) 13時15分~16時30分 (受付13時~) 研修交流センター

施術を見学したい方は…こちら!

Q&A

現在理学療法士を目指して、専門学校に通っていますが、参加は可能ですか?
はい、参加可能です。
対象は、各種国家医療資格取得者になっていますが、セミナーについては大学や専門学校で、医 療関係の勉強をしている方については、問題ありません。
現在理学療法士を目指して、専門学校に通っていますが、参加は可能ですか?
はい、参加可能です。
対象は、各種国家医療資格取得者になっていますが、セミナーについては大学や専門学校で、医 療関係の勉強をしている方については、問題ありません。

お申し込みフォーム

氏名
参加日
電話
メールアドレス
メールアドレス(確認)
所有資格
領収書